筆跡ほか

筆跡ほか

鏡花の書は清明でやさしい、識語と俳句短冊から

鏡花はどのような文字を書いたのだろうか? 識語にせよ短冊にせよ、清明な感じがします。 尾崎紅葉「此ぬし」[明治23年(1890)]の識語 紅葉自筆原稿の前に、鏡花の識語(写本・刊本などで、本文のあと、または前に、書写・入手の由来や...
タイトルとURLをコピーしました