書影・装丁・挿絵

書影・装丁・挿絵

鏡花本の装丁・書影・挿絵などで初版刊行時を偲ぶ、最近の落札価格も

泉鏡花は明治から昭和まで活躍し、生前刊行された本の数も少なくありません。また、死後も全集・研究書を含めて多くの書籍が途切れることなく刊行されています。 いくつかの書籍はその装丁の美しさと相俟って鏡花本と呼ばれ多くの人を魅了してきました...
タイトルとURLをコピーしました