天守物語

芝居化作品

泉鏡花作品で芝居になっているものはどんなものがあるのだろう

泉鏡花の作品は文章を読みながら、自分の中で想像を膨らませるのが最高です。 ただ、その想像(イメージ化)といっても、自分のこれまで生きてきた体験・記憶に制限されてしまいます。文章を読み、あれこれ想像することで自分の枠が広がることは確かですし...
映画化作品

鏡花の映画化作品を原作の発表年順に一覧、VHS・DVDの情報も

鏡花作品の映画化数はが他の日本作家と較べて多いかどうかは、詳しく調べたことが無いので不明ですが、おそらく多いほうではないでしょうか。 谷崎潤一郎は大正9-10年(1920-1921)には脚本部顧問として「大正活映」に入って実際の映画製...
タイトルとURLをコピーしました