鰭崎英朋(ひれざき えいほう)の作品一覧

鰭崎英朋(ひれざき えいほう・1880~1968)は美人画で人気を博した画家。東京に生まれ17歳で浮世絵師・右田年英(みぎた としひで)に入門、日本画を展覧会に発表しつつやがて挿絵画家としての名を確立しました。

英朋が本領を発揮したのは小説や文芸雑誌の巻頭を飾る口絵です。英朋は物語のヒロインの感情を繊細に描き出して読者を魅了し、明治・大正期の文学界を彩りました。

ただ、挿絵に集中したため、忘れられた存在になってしまっているのが残念です。

泉鏡花の作品口絵

『続風流線』口絵 春陽堂 明治38(1905)年8月

『参宮日記』木版画 大正3年1月 春陽堂

雑誌口絵など


「新小説」 明治39年1月 出典:ヤフオク


「文藝講談」口絵 大正13年1月 出典:ヤフオク

表紙・口絵が英朋なので、当時の人気のほどが分かる。
(目次参照)

春昼後刻 出典:ヤフー

鏡花の作品へ

その他作家の口絵

柳川春葉著『誓』前編 口絵 至誠堂書店 大正4(1915)年6月

柳川春葉著『誓』中編 口絵 大正6年(1917)

泉斜汀著『深川染 前編』口絵 明治40年(1907)

展覧会チラシほか

天才絵師・鰭崎英朋の美人画 -朝日コレクション 明治・大正の木版口絵より

タイトルとURLをコピーしました