鏡花本の装丁・書影・挿絵・奥付・落札価格など【2. 大正期刊行本】

泉鏡花は明治から昭和まで活躍し、生前刊行された本の数も少なくありません。また、死後も全集・研究書を含めて多くの書籍が途切れることなく刊行されています。

いくつかの書籍はその装丁の美しさと相俟って鏡花本と呼ばれ多くの人を魅了してきました。ただ、表紙が文字だけな地味な本にも、それが刊行された時代を映して興味が尽きません。また奥付には初版か否かだけでは無く、書影とは別に時代を表しています。目次はどの文章が収録されていたかを教えてくれます。挿絵はその本の雰囲気を、、、

装丁の美しさのみにはこだわらず、書影・奥付そのものにも価値を認めて(単に面白いだけかもしれませんが、、)できるだけ紹介していきます。

明治期の刊本はこちら

昭和期の刊本はこちら

大正期刊行本

南地心中 大正元年12月 文藝書院

橋口五葉 木版画装丁 【サイズ】約13.3㎝×約19.6㎝

【落札価】初版 2019.12 61,000円

桜草 大正2年3月 文藝書院

乗合船 大正2年10月 春陽堂

橋口五葉 木版画装丁

参宮日記 大正3年1月 春陽堂

鰭崎英朋木版画

相合傘 大正3年7月 鳳鳴社

 


出典;ヤフオク

装丁:橋口五葉、木版口絵:池田輝方・池田蕉園

【落札価】初版 2021.3 158,000円

日本橋 大正3年9月 千章舘

 

袖垣 大正3年 誠文堂

百花爛縵 大正4年4月 文藝社


出典:ヤフオク
【落札価】初版 2019.12 29,100円

白羽箭 大正4年10月 千章館

全13章:竹子姫・謹上再拝・草の灯・松毬・栄螺の殻 他

遊里集 大正4年10月 春陽堂

   

小村雪岱装幀木版

出典:ヤフオク
【落札価】五版 2020.5 140,600円

白羽箭 大正4年10月 千章館

章題:竹子姫・謹上再拝・草の灯・松毬・栄螺の殻・悪権太・怨恨・古城・姫神・簪の質・狐格子・涙橋・月下の的

紅梅集 大正7年1月 春陽堂

     

多色刷木版画装/小村雪岱・鏑木清方

【落札価】初版 ヤフオク 2020.11 45,800円

愛艸集 大正7年7月 春陽堂


小村雪岱木版

雨談集 大正8年10月 春陽堂



両見返しに小村雪岱木版入

絵本辰巳巷談 大正9年11月 春陽堂


出典:ヤフオク

装丁/小村雪岱 多色刷木版画表紙・挿画7葉 元パラ・函付

ゆかりのおんな櫛笥集 大正10年8月 春陽堂

鏡花本 木版画 小村雪岱

出典:ヤフオク
【落札価】再版 箱傷みあり 2020.7 10,360円

龍蜂集 大正13年3月 春陽堂

小村雪岱:装丁、袖珍本
”判型は新書判より天地が10ミリほど小さいが、手摺木版6色刷、金箔、朱色箔と少なくとも8版が使われている豪華な装丁だ。”
(出典:装丁家・大貫伸樹の装丁挿絵探検隊)

愛府 大正13年11月 新潮社

 

小村雪岱装

日本童謡集 大正14年6月 新潮社

童謡詩人会:泉鏡花 北原白秋 西條八十 竹久夢二 野口雨情 若山牧水他 特製二百部 北原白秋装幀

明治期の刊本はこちら

昭和期の刊本はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました